読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発や自己開発のススメ

管理人たーくんが起業前から取り組んで、現在も様々な自己啓発、自己開発をしていますが、過去の回想録と効果性や体験などを綴っていこうと思います。

時間管理のマトリックス あなたの人生で占める割合は?

こんにちは、たーくんです。

 

7つの習慣って自己啓発が好きな方なら、一度は聞いた事があるかと思いますが、その中で「時間管理のマトリックス」と呼ばれる4つの領域が紹介されています。

 

4つの領域は、

  1. 緊急かつ重要性の高いもの
  2. 重要であるけど、緊急では無いもの
  3. 重要でないけど、緊急なもの
  4. 重要でもなく、緊急でも無いもの

の4つの事なんですけど、分かりやすい表がありましたので、フランクリンプランナーさんのサイトから引用させて頂きました。

 

f:id:gud2012:20170427142405j:plain

 

この中で、4については必然的に不要である事は理解できるかと思うのですが、この領域の仕事やプライベートが多い場合は、早急に見直しした方が良いでしょう。

 

 

次に、3についてですが、緊急性が高いもので今すぐ行わなければいけないという事もあり、一見重要なように思えるのですが・・・

実は、あなたの人生だったり、あなたの夢から逆算した時に、今の行動や思考は有益なものか?

を考えた場合、実は不要である事もあります。

 

例えば、

  • 腐れ縁 自分の夢の邪魔をしたり、ドリームキラーとなる人もいます。
  • 不要なもの 必要なものを探す妨げになります。

これらは今のあなたに影響はしなくても、将来的に不要になるとわかっている場合は、早急に断捨離してしまうようにした方が良いでしょう。

 

 

次に、1についてですが、重要かつ緊急性が高いというものは、この課題を解消しなければ、会社が潰れたり、プロジェクトが失敗したり、様々なリスクが挙げられるものです。

 

当たり前の話ですが、これらの事をサボったり、疎かにしていると、信用を失う事になったり、大きな損失を被る事にもなりますので、今現在から近未来の成功に向けて必ずやり遂げるようにしなければなりません。

 

 

問題は、2のケースですが、「緊急では無いけど重要なもの」についてです。

一般的に見ると、長期的な目標だったり夢だったりすると思うのですが、緊急性が高くないという事で、気が緩んだり、疎かになりがちです。

 

しかし、実は重要性が高いという点において、実はとても大切なタスクであるものも多く、今は役に立たなくても、将来必ず役立つ人脈だったり、智慧だったり、行動(努力)だったりするわけです。

 

私の場合ですが、

  • 思考の根を育てる智慧を身につける。
  • 今の仕事に固執せず、10年20年先まで息の長い社会に役立つ人財へ成長する。

事を自分のタスクとしていまして、今そのために必要な行動をどんどんと行っています。

 

それらのタスクをコツコツとこなす先で、5年後、10年後に年商10億円企業となり、従業員数が20名(前まで10名と言ってたけど上方修正)となり、私たちの影響力で社会に貢献していくようにします。

 

 

自分たちだけが良い。

なんて、まったく思っていなくて、日本がしっかりした国になってもらわないと、自分たちにもツケが回ってきますので・・・

ちゃんとそこまで考えて、そして国を救うために何が出来るか?を緊急では無いかもしれないけど、とても重要な事として、ボクは考えて今やるべき事を少しずつ進めていきます。

 

今のところ、そんなに偉そうな事が言えるほどでは無い現状ですが・・

人にバカにされるくらいの夢を語り続ける事は出来ますので、これからも語っていきたいと思います。

ググるな危険とあったけど、今やググる前にインスタなんて言葉まで

こんにちは、たーくんです。

私、職業がWEB集客の仕事をしている関係で、GoogleYahoo!とはお付き合いを少々する立場ではあるのですが・・(笑)

最近、面白い記事を発見しましたので、紹介したいと思います。

 

こちらです

 

toyokeizai.net

 

以前まで何かモノやサービスを検索する時は、GoogleYahoo!を使うのが一般的だったのですが、最近では「Instagram(インスタグラム)」のようなSNSを使って検索するのが一般的になっているようです。

 

2016年のある記事によると、

Googleが38.1パーセント、次いでTwitterが29.8パーセントで検索しているのですが、10代ではGoogleが26.5パーセント、Twitterが47.1%と逆転現象が起きているんだとか。

 

Googleも必死でしょうね・・(汗)

と云いますか、我々のWEB集客の方向性というのも、きちんと考えておかなければならないのが、これでも見えてくるんじゃないでしょうか。

 

明らかに、サイトアフィリエイトで広告収入を得ている人は、その先を考えておかないと、大変な事になりますよ・・

私はそう思って、今SNS集客に関しても取り組んでいますし、実際にSNSの凄さに驚いている次第です(汗)

→実際のWEB集客について、弊社サイトでも定期的に更新しています。

f:id:gud2012:20170420160652j:plain

 

 

GoogleでなくInstagramが選ばれる理由は?

ところで、GoogleでなくInstagram(もしくはTwitter)というようなSNSを好む理由なんですけど、なんだと思います?

答えは・・・

 「情報の質」

 「検索の手軽さ」

なんですって。

 

まず、情報の質ですが、Instagram(インスタグラム)でもTwitterツイッター)でも、「ハッシュタグ(#)」というものが好んで使われますが・・

これを用いて検索を手軽にしているだけでなく、InstagramTwitterから「精度の高い情報を収集」しているんです。

さすが若者、SNSの使い方には慣れてますね・・・

親父も負けずに、しっかりとSNSを使いこなさないとですね・・

 

話は逸れましたけど、それだけ

Googleの検索結果に信用がおけない

という点も挙げられると思うんですね。

 

実際に

GENKINGがGoogle使わないという記事でもある通り、GoogleではSEO対策されたもので「リアルな口コミが検索結果に必ず反映しているものでは無い」という事なんですよね。

残念ながら。

 

なので、最近の若者もググるのをやめて、Instagramなどで検索をし始めているという現実なんですね。

しかも、InstagramなどのSNSは基本的には「体験者の声(写真や記事)が中心」になりますよね?

 

そのため、自分の知りたい事、心情を理解しやすいのが、SNSというものになるのでは無いでしょうか。

 

一昔前にもあったけど、ググるな危険とは別?

さて、ここまで「ググる前にインスタ」についてお話してきましたが、同じググるというところで「ググるな危険」という言葉がありました。

 

最初は、ググるSEOされているから、検索が胡散臭いですよという皮肉で使っているのかな?

と思っていたのですが、どうも様子が違うみたいです。

 

ほんとに紹介されたような言葉でググると、画像や動画などで出てくる事もあるので、検索しない事をオススメするという、優しい警告だったんですね(笑)

このネジ曲がったマインドこそ危険w

とか、自分で思っていますが、本当にこのような「ググるな危険」な事が、一分野だけでなく、SEO対策ばかりされた記事で埋め尽くされてしまい、検索エンジンが機能しなくなってしまっては・・・

 

若者は、

ググる前にインスタ」

ググるな危険」

をセットで唱え始めるのかもしれませんね。

 

WEBで集客したり、アフィリエイトをするにあたっても、この点をしっかりと抑えた上でコンテンツを制作していく義務はありますね。

マインドフルネスについて勉強したいので本を買ってみた

こんにちは、たーくんです。

昨日、自分が一方的に師事する「言葉相」という本を出版されている千葉修司さんの経営セミナーが大阪でありましたので、参加してきました。

この千葉修司さんという方は、毎朝7時に365日届くメルマガ「強運を科学する」というものを届けてくれます。

 

このメルマガの中では、「運というものについて」根拠を持って説明し、成功マインドだったり、自由自在に生きる方法、アイデアなどを届けてくれます。

朝7時に届くという事で、ボクがサラリーマンの時は出勤時間に、今の経営者としては事務所の着いた時に読むようにしていますが・・・

 

千葉さん曰く、

朝一の新鮮な脳に、運を高める方法を入れるのが、さらに強運となるコツ

という事らしく、ボクも毎日楽しみに読んでいます。

 

さて、千葉さんの紹介も終わりましたので・・
(簡単すぎですけど、詳しく聞きたいという方がいらっしゃれば、お声がけ下さいw)

千葉さんのセミナーでお話されていた中で「マインドフルネス」という聞きなれない事が出てきまして・・・

マインドフルネスと云いますか、マインドという言葉に弱い
(と云いますか、成功哲学自己啓発に親しい言葉は、とても気になるw)

ので、千葉さんがオススメする書籍をその場で購入しました。

 

その本というのが、こちら

 

f:id:gud2012:20170417095544j:plain

あのGoogleの社員もやっているという「Googleのマインドフルネス革命」という本です。

 

この書籍の説明にあったのが、

グーグルやインテルなど、欧米の有名企業が能力向上のトレーニングとして取り入れている「マインドフルネス」。「評価や価値判断にとらわれることなく、今の瞬間に意識を向ける」というこの実践は、ストレスの軽減、脳の活性化、チームワークや生産性の向上、創造性の発揮など、様々な効果が注目されている。本書では、グーグルにおけるマインドフルネスプロジェクトの中心人物、ビル・ドウェイン氏へのインタビューとともに、マインドフルネスの魅力とその実践方法を紹介する。

詳細については、グーグルのマインドフルネス革命―グーグル社員5万人の「10人に1人」が実践する最先端のプラクティス(付録:マインドフルネス実践ガイドCD)より引用しましたので、参考にして下さい。

 

要するに、ストレスを軽減、脳の活性化による生産性の向上を計る方法やワークの紹介かな?

と思うんですけど、このあたりのアイデアは、ボク自身がNLPだったり、フォトリーディングを学んできた関係もあって、本を読めば仕組みは理解できるし、マインドフルネス状態にするのに、NLPのワークを代用すればOKだと思います。

 

ただ、NLPを学んだ人ばかりでは無いですので、そんな方がマインドフルネス状態でピークパフォーマンスを発揮したいと思った場合は・・・

ボクから簡単な提案ができる方法は「呼吸に意識を向ける」という方法です。

 

人間は、実は呼吸や内臓の働きなど、自分で意識をしなくても出来るようになっています。

考えて頂きたいんですけど、

「今、3回呼吸しよう」

「肺に空気を入れて」

「血液を心臓から脳に送って」

「腸に消化をして」

なんて、誰かいちいち命令をしている人っていますか?

絶対にいないですよね?

 

そうなんです、絶対にいないんですよ、なぜなら人間が無意識的に行っている事で、これらにいちいち意識を向けなければいけない状態だと・・

生命の危険に関わる

事なので、生命維持に関わる事であれば、 勝手にやってくれます。

 

その一つである呼吸に意識を向ける=つまり呼吸を無意識ではなく意識的に行うようにし、今この瞬間に意識を向ける。

 

という事で、マインドフルネス状態へと近づく事が出来るはずです。

なので、呼吸を整えるという事に意識を向けて、深呼吸を繰り返してから作業に入るようにしてみて下さい。

きっとパフォーマンスに大きな違いを感じる事が出来ると思いますよ。

 

あともう一つ。

「瞑想」も良いかと思いますが、瞑想って誘導する人(リーディング、ガイディング出来る人)がいた方が良いので・・

自分ひとりでは、マインドフルネス状態に近づくのは難しいかもしれません。

 

それをやるくらいなら、深呼吸をしっかりやる(腹式呼吸がオススメ)方が良いのでは無いかな??って、思います。

 

以上、マインドフルネスの本が来る前に、ボク自身の経験からおすすめの方法をお伝えしましたが・・

新しい発見を見つけましたら、またシェアさせて頂きますね。

 

 

人口減少 日本では2050年には1億人割ってくる可能性が

今日の日経新聞で紹介されていたのですが・・・

 

2053年には人口が1億円を切ってくるという予測だそうです。

今からおよそ50年後くらいの話ですが、人口減少だけなら「ふーん・・」で終わる(事も無いですけど・・・・)かもしれないのですが・・・

 

2面を読んだ時に、衝撃だったのですΣ(゚д゚lll)

 

f:id:gud2012:20170411124620j:plain

 

こちらご覧下さい。

2015年から2065年の50年後に日本の人口が8808万人となっていまして、そのおちの65歳以上の人口が3381万人で40%程度を占めるのですが・・・

この数字自体は、ほぼ横ばいです。

 

じゃーどこが減ってるんだ?

という事で少子高齢化というくらいですから、子供の人数は減っているでしょうと見ていると、0歳~14歳までが半減して898万人です。

 

さらに!

15歳~64万人の人口数が4529万人!!

実に、現在の半分程度という事になっています。

個人的に、この数字はあまりに衝撃でした!自分たちの孫がこの世代にあたると思うのですが

 

2015年が労働人口が65歳で占める割合が2.28人に対し、2065年になると1.33人となるのです。

つまり、社会保障料を老人一人に対し一人労働人口1人で背負うという計算。

 

とても重いです・・・

 

 

そんな世の中を、孫世代に背負わす事になろうとは・・・

しかも、その頃の平均寿命が男性が84.75歳、女性が91.35歳となっていますので、おそらく私も普通にしていれば生きている可能性がある・・

 

そのときに、過去の負債を背負う孫達をみて、

「あーあの時もっとこうしていればなー」

とか思う事のないように、少子高齢化社会を迎えようとする今できる事や社会にどんなメッセージを発信出来るか・・

は、きちんと考えていかないとなぁ・・・

 

とふと思いました。

小学生の将来なりたい職業に変化が!今の大人はこれをどう思うのだろう?

先日の新聞に気になる記事が出ていましたので、思わず写真を撮ってしまいました。

こちらなんですけど・・

 

f:id:gud2012:20170408100028j:plain

 

いいですねー、夢がある!

といいますか、僕らが小学生だったころに抱いていた夢とか将来就きたい職業と大きく変わらない気がします。

 

実際、私自身も「ケーキ屋さん」とか「教師」とか現実的な事を言っていたような気がします。

 

しかし、実はこちらの新聞の中で記事にされていたのがありまして・・・

今回はそちらに関して触れてみたいのですが、何かと言いますと・・・

 

将来就きたい職業に、YouTuber(ユーチューバー)があった

という事なんです・・Σ(゚д゚lll)

 

遅かれ早かれ、いずれはランクインしてくるとは思っていましたが・・

やはりネットで稼ぐだとか、最新の手法で稼ぐとか、自分のやりたい事、楽しい事で稼ぐというのは、小学生でもワクワクするんですね♪

 

f:id:gud2012:20170408095521j:plain

 

当然だと思います。

だって、本来ビジネスは「楽しくやるもの」、「持続可能なものを無理なくやる」ものだと、私は思っているからです。

 

しかし、サラリーマンになると・・・

「楽しくなんてやってらんない」

「転職しようかな」

という声も出てくるんです。

 

また、起業した場合でも

「人から勧められて儲かると聞いたけど全然」

「全然儲からない、しんどいだけ」

という声も出てくるんです。

 

なんでだろ?

って考えたら当然の事なんですけど、子どもたちと違って大人が「ワクワクしていない」からなんです。

ワクワクするような仕事を成し遂げよう・・・

なんて思っていないからなんですね。

 

 もう少しちゃんとした表現で表すとすれば、

信念が無いから」だと思うんです。

 

信念というのは、

その仕事を成し遂げる事で、周りの人、地域にどんな影響をもたらすのか?お客様にどんな利益を与える事が出来るのか?

という点です。

 

ここがなければ、ほんと仕事をしていてもつまらないですし、仕事が続くなんて事は無いんじゃないかな?

と思ってます。

 

子供のころの気持ち、夏休みが永遠に続くのでは無いか?と夏休みが始まった時に思った純粋な感情。

その頃の感情を今持っていれば、きっともっと上手くいっているはずです。

 

小学生の将来なりたい職業を見て・・

「夢があっていいなー」

でなくて、

「今の大人も、こんな夢もって、こんな事もできるんだぞ―」って、証明し続けて、その一つの選択肢に、今回あったよjな「YouTuber」もあると思うんですね。

 

私は、子どもたちに

「将来つきたい職業は?」

と聞いた時に、

「パパみたいな仕事」

なんて言ってくれる事があると嬉しいなー・・とは思いますが(笑)

 

いつかそういってもらえるように・・・

これからも信念を持って取り組みたいと思います。

マインドマップ フリーソフトでおすすめと言えば?

マインドマップは手書きが一番・・

と個人的には思うのですが、今の時代はとても便利でクラウド上やダウンロードして使えるフリーソフトもたくさんあります。

 

もちろんフリーというものは、ある程度制限がかかっていて、有料にする事でさらに使いやすくなるんですけど・・・

それでもフリーでも十分すぎる機能が備わっていますので、一度使ってみる事をオススメします。

 

フリーソフトならXMindがおすすめ

マインドマップフリーソフトで使う場合ですが、一番オススメなのはXmindです。

オープンソースのものであれば、FreeMindなどもありますが、色々と使っている人の話を聞いてみると、一番多いのがXmindです。

 

視覚的に使える感じもありますし、使い勝手も良いので、今まで使った事が無いという方であれば、XMindを使ってみてはいかがでしょうか?

 

フリーソフトでの注意点

基本的に手書きで書く事と同じように「どのように使っても、書いてもOK」です。

あまり制約を設けすぎず、自分なりの感性で書き進めるのが、楽しく書き進められるコツでは無いか?

と個人的には思っています。

 

あとプロジェクト(という表現だったと思うのですが・・)が3つまでしか保存が出来ませんので、その点は注意した方が良いですね。


一度マインドマップを広げて、もう使う予定がない場合は、プロジェクトを削除していくようにしましょう。

マインドマップの書き方について

おはようございます。

今日は、マインドマップの書き方について、私なりの方法をお伝えしたいと思います。

 

まず、昨日の

マインドマップとフォトリーディングの相性についてでも少し触れていますが、マインドマップは「自由に発想を拡げる」ために使える思考法として開発されたものです。

 

書き方は、基本的に自由です。

f:id:gud2012:20170327095103j:plain

上記の通り、真ん中においたキーワードを元に、関連するキーワードを広げていくのですが、コツは真ん中のキーワードの「抽象度を高めておく」事です。

 

本であれば、タイトルを置いておく事が出来るのですが、アイデアを拡げる場合であれば、一番元になるキーワードを置いておくようにすると良いかと思います。

 

例えば、事業計画を立てたい場合であれば、「マーケティング」とするところを、もう少しマーケティングを分解して

・商品

・集客

・顧客

と分けておき、それぞれについてアイデアを拡張する方が、発想が広がると思います。

 

もしくは、マーケティングというカテゴリーの中に、上記のようなキーワードで振り分けしていくのも良いでしょう。

いずれにしても、自由に書き進めて、自分の発想が拡がる事を信じて取り組むという事が大切になります。

 

最初からキレイに書こう!

なんて思う必要はありませんし、書いていく中でなんとなく美しく書けるようになっていきます。

 

そして何よりマインドマップを書く目的は

「キレイに書く事」

ではありません。

 

マインドマップを書いた事で、頭の中を整理する事、発想を拡げる事が目的ですので、その点は忘れないようにしたいものですね。