読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発や自己開発のススメ

管理人たーくんが起業前から取り組んで、現在も様々な自己啓発、自己開発をしていますが、過去の回想録と効果性や体験などを綴っていこうと思います。

マインドマップの書き方について

おはようございます。

今日は、マインドマップの書き方について、私なりの方法をお伝えしたいと思います。

 

まず、昨日の

マインドマップとフォトリーディングの相性についてでも少し触れていますが、マインドマップは「自由に発想を拡げる」ために使える思考法として開発されたものです。

 

書き方は、基本的に自由です。

f:id:gud2012:20170327095103j:plain

上記の通り、真ん中においたキーワードを元に、関連するキーワードを広げていくのですが、コツは真ん中のキーワードの「抽象度を高めておく」事です。

 

本であれば、タイトルを置いておく事が出来るのですが、アイデアを拡げる場合であれば、一番元になるキーワードを置いておくようにすると良いかと思います。

 

例えば、事業計画を立てたい場合であれば、「マーケティング」とするところを、もう少しマーケティングを分解して

・商品

・集客

・顧客

と分けておき、それぞれについてアイデアを拡張する方が、発想が広がると思います。

 

もしくは、マーケティングというカテゴリーの中に、上記のようなキーワードで振り分けしていくのも良いでしょう。

いずれにしても、自由に書き進めて、自分の発想が拡がる事を信じて取り組むという事が大切になります。

 

最初からキレイに書こう!

なんて思う必要はありませんし、書いていく中でなんとなく美しく書けるようになっていきます。

 

そして何よりマインドマップを書く目的は

「キレイに書く事」

ではありません。

 

マインドマップを書いた事で、頭の中を整理する事、発想を拡げる事が目的ですので、その点は忘れないようにしたいものですね。